TOP > フェイシャルエステ

フェイシャルエステ(広尾のエステ シャンテリー)

女優さんコース

  • 一回で結果を出させていただきます。
    エステティシャンが貴方さまのお悩みに合わせ豊富なメニューからセレクトさせていただきます。
  • 90分~120分
  • 女優さんコース キャンペーン価格

 

インディバ

フェイシャルインディバ価格

インディバは、電気メスの開発者である物理医学博士ホセ・ベルカット氏により開発された、電磁波エネルギーによる高周波温熱機器です。
じっくりと温め、お肌のキメを整え、血色の良い小顔にするために筋肉を緩め、老廃物を流していきます。
インディバの高周波が筋肉に働きかけ、頬や顎のたるみを刺激しリフトアップにも効果的です。
お肌が活性化することで、ニキビやしみなどのトラブルにも作用し改善します。

シミ・シワ・タルミ・若返り


インディバの導入は日本で最も早く、開発元のスペインでのティーチングに参加し、ディプロマを取得しています。


フェイシャル リポスリム+インディバ

フェイシャル リポスリム()

光の力でセルライトを撃退。

1回の施術で見違えるほどの変化を実感してください。
脂肪吸引、脂肪溶解をこえたリポスリム(レイペックス)。メスを使わず、痛み、熱さもなく安全!!
小顔、タルミ、リフティングに最適です。

リポスリム+インディバ 25,000円(税込)

小顔・タルミ・リフティング フェイシャル リポスリム(レイペックス)

最新鋭マシンLAPEX BCS Pro

フェイシャル リポスリム(レイペックス)

シャンテリーのリポスリム(レイペックス)はアメリカFDAで認定された最新鋭マシンLAPEX BCS Proを用いて施術を行います。
特殊な光をあてて脂肪細胞にアプローチします。 脂肪だけを選別的に照射するため、副作用がありません。



ハイフ


HIFU(ハイフ)とは、High Intensity Focused Ultrasoundの略称です。
1点に超音波を集束させ、照射部位を瞬間的に高温にする技術です。(虫眼鏡やレンズで太陽の光を1点に集めたあの原理です)
その原理を医療においては、「高密度焦点式超音波治療法」という名称で、早期癌などの治療に用いています。
この焦点式超音波技術を美容ケア、美容痩身に応用した照射深度を調整した美容マシンなのです。



HIFUリフト~高密度の超音波でリフトアップ~

体内に高密度の超音波を照射することで、肌内部に熱を発生させ、その熱が老化の進行を遅らせて若々しい肌を保ちます。
また、熱の刺激を与えることで新しいコラーゲンが生み出され細胞内に栄養が集まり、コラーゲンがどんどん増えていくことで皮膚に 弾力が生まれ、 その結果、再び若々しい肌質が期待出来ます。



片顔1回10ショットでのケース ※通常は片顔のみの施術はしておりませんのでご安心下さいませ。
定価 ¥42,900(税込)
トライ ¥16,200(税込)

  • サントロ

    サントロ

    皮膚の表面を弱電磁界とタンパク質溶液で刺激し、皮膚の代謝を促し、シミ、シワ、やけど跡などあらゆるトラブル肌をケアします。

    小顔・ヤケド跡・リフティング

  • SK

    SK

    専用の機器を用いてディープクレンジングを行います。肌の老化角質を除去、毛穴の奥の汚れをかき出すことができ、ニキビや毛穴、肌の老化などの悩みを解決します。

    若返り・ニキビ・ダニ取り

  • オキシジェット

    オキシジェット

    ボトックス、コラーゲン、プラセンタを酸素の圧力で皮膚の深い層に送り込み、若々しいお肌に仕上げます。1回で結果が現れます。

    シミ・シワ・リフティング

  • プトロン

    プトロン

    紫外線を100%カットした可視光線により、色素の定着、お肌の再生を早めよりキレイな仕上がりになります。

    シミ・ニキビ・タルミ



シャンテリーでフェイシャルエステをして良かったと思うこと

30代 主婦
初めてのフェイシャル体験でした。悩みだった顔のむくみもとれて、とっても 気持ち良かったです。 首や肩もマッサージしてもらえるので、肩コリもスッキリしました。!!

20代 OL
ニキビが悩みで何をしてもダメでしたが、通ううちに、赤みも、良くなってきて、 ニキビ跡もキレイになってきました。透明感もでてきて、とっても肌の調子が良いです。

30代 主婦
昔に日焼けをしてしまい、シミだらけだった顔に、透明感が蘇りました。 顔全体がスッキリ、アゴのラインがシャープになりました。

広尾の高級エステティックサロンシャンテリーは創業54年になる完全個室形式のエステサロンです。

ご予約はこちらから

↑このページの先頭へ